ブログ

  1. 余計な思念を捨てて、無心に進み、無為に過ごすことですね

    頭が空っぽのとき、心が静かなとき、日々の単純なルーティン(所作)がとてもスムーズに運びます。頭の中がグルグルしているとき、心が穏やかでないときは、逆に所作がずれたり、ぶれたりしてしまいます。心は正直だなと思います。

    続きを読む
  2. 何でもチャレンジしてみましょう

    ・今、自分がするべきことが明確になった。・わかっているようでわかっていない自分自身と向き合えたとても貴重な時間となりました。本当にありがとうございました。今回いただいた感想にはそうありました。

    続きを読む
  3. 一に勇気、二に勇気、三、四がなくて五に勇気

    人間関係をいかに円滑に構築できるか、同時にそれを維持できるかが幸せになる秘訣の一つだといえます。まずは思考に翻弄されていることに気づくこと、そして、内向きのベクトルを外に向け、自責の視点から自省できれば事は大きく動きます。

    続きを読む
  4. 物事は実にシンプルです

    物事は実にシンプルです。事を複雑にしてしまうのは、大抵の場合不安という人の心なんだと思います。事を荒立てないためにいつも静かであること、引っ掛からないことが大切です。人間関係で大事なことは、ヨコの関係を正しく作ることでしょう。

    続きを読む
  5. どうなっても大丈夫です

    今年も早5月。光陰矢の如しと言いますが、ぼけっとしていると10年なんてあっという間に過ぎてしまいます。自分が生まれてきた、存在する目的をきちんと思い出し、正しい道筋に乗って進むことがどれだけ大事なことか痛感します。「覚悟」について対話しました。

    続きを読む
  6. 大人がいかに心を修めるか

    7,8年前、弟が相談してきました。娘(つまり僕の姪)がほんの少しいじめにあっているようで、その相手がとんでもない女子のようで、親としてどうしたら良いかというものでした。そのときは、僕なりの相応の回答をしたように記憶しています。

    続きを読む
  7. 勇気をもって向き合いましょう

    認めてもらいたい、認めさせたいという思いが強いと我(が)に引っ張られます。他人に求めるのではなく、ただ無心に淡々と。何事もそういう姿勢で臨むことができたら事は大きく変化するのだと思います。己の課題からは逃げない方が良いですね。

    続きを読む
  8. 出逢う人事物、すべてが善知識

    世界のからくりはとてもシンプル。血縁、地縁、夫婦など身近な人、そして、目の前に起こる出来事、あるいは、いただく物、気になる物、手放せない物、すべては自分の心の器を大きくするためにあるものだそうですよ。(要は出逢うべくして出逢っているということです)そういう人事物すべてを「善知識」と言います。

    続きを読む
  9. 抗わないで生きましょう

    7つの習慣では、刺激に対して即反応しないことを主体的だとしています。スペースを置くという言葉で語られますが、その一瞬のスペースを置く余裕を持てる心の器を養うことが何より大切ですよね。心の器は、謙虚さという姿勢に表れます。僕たちは日々、どんなときも謙虚さを試されます。

    続きを読む
  10. 人生で最も大切なものは信じる力

    太陽の光が眩しく、窓から入る微風が心地良い午前です。他人の課題に介入してはいけないとアドラーは言いました。「いけない」と言うより「どうしようもない」と言った方が正しいのかもしれません。問題の渦中にあるとき、目の前は真っ暗です。

    続きを読む

カレンダー

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

月別アーカイブ

アクセス・カウンター

  • 79,018 アクセス

訪問者数(カウント開始日2022年1月23日)

  • 0
  • 143
  • 48
  • 128
  • 52
  • 30,469
  • 2,182
ページ上部へ戻る