ブログ

  1. 子どもたちについていきましょう!(笑)

    とある女子の話に感動しました。今年から小学校に入学した息子くんが、先日の朝食時に突然質問してきたそうです。

    続きを読む
  2. 知らず知らずのうちに体験や教育から培ってしまった独自の常識をいかに手放すか?

    世の中にはたくさんの情報が溢れています。ネットの情報、信頼のおける先輩からの言葉、先生からの教え、身内の考え方、思考習慣などなど、そのすべてに僕たちは影響を受けています。それらはどれもが正しく、また間違っています。

    続きを読む
  3. 「教えること」で教えられること

    昨日は久しぶりに少人数での授業に登壇させていただきました。いわば「ゼミ形式」の選抜クラスで、さすがに一人一人のやる気が明らかに違っていて、教える側も気合いが入りました。授業への関わり方が主体的であることはもちろんなのですが、打てば響く姿勢が素晴らしいのです。

    続きを読む
  4. いかに本質を見極めるか

    僕たちが抱える問題、課題のほぼすべては追究していくと結局のところ心(思考や感情を含む)の問題にぶち当たります。

    続きを読む
  5. 「シン・ウルトラマン」を観てきました

    昨日、妻と二人で「シン・ウルトラマン」を観てきました。「エヴァンゲリオン」のときから庵野秀明さんには注目していたので、もちろん「シン・ゴジラ」のときもとても感動しました。

    続きを読む
  6. 他人を責めないこと、まして自分自身を責めないこと

    他人を責めないこと、まして自分自身のことも責めないこと、そういうときは視野を広げ、視座を上げ、大局観で人・事・物を見つめなさいと教えていただきました。

    続きを読む
  7. 発信することの大切さを痛感します

    今年の2月に一本のメールが入りました。音楽日記「アレグロ・コン・ブリオ」のとある記事を(ちなみにこの記事です)今度出版する書籍に引用させていただきたいという依頼でした。お断りする理由はないので承諾させていただいたところ、先日無事書籍がリリースされたようで、見本をお送りいただきました。

    続きを読む
  8. 「三歩進んで二歩下がる」という心がけ

    効果的な人間関係の基本は生産力と治癒力の向上にありますが、各々が決して先走りせず、中庸を保ちながらもチャレンジする姿勢を崩さないところにポイントがあると思います。あえて言葉にするなら「三歩進んで二歩下がる」という心がけでしょうか。

    続きを読む
  9. 学んだことを日常に活かしてこその学び

    学んだことを日常に活かしてこその学び。実践のない学びは絵に描いた餅なんだとつくづく思います。人生の大先輩とお話しさせていただいて思うのは、成功している人は、若い頃からコツコツとやるべきことをやっていらっしゃるということです。

    続きを読む
  10. 他人の課題に介入しないというのは絶対

    つい口出ししたくなるのが人の情というものでしょうが、アドラーの言葉通り他人の課題に介入しないというのは絶対だと思います。口出ししたくなるときの自分の状態は、良かれと思ってというのはもちろんですが、それ以上に背面には確実に相手に求める「我(が)」があることがわかります。

    続きを読む

カレンダー

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

月別アーカイブ

アクセス・カウンター

  • 79,018 アクセス

訪問者数(カウント開始日2022年1月23日)

  • 0
  • 143
  • 48
  • 128
  • 52
  • 30,469
  • 2,182
ページ上部へ戻る