ブログ

  1. 【介護生活13日目】13日間の介助介護生活からたくさんの気づきをいただきました

    実家での13日間の介助介護生活を終え、 昨夜、東京に戻りました。 2週間近い高原での滞在では気づきや学びがとても多く、 この時期にこういう機会をいただけたことにまずは感謝です。炊事、家事、トイレの介助など 夜中含め一日中ルーチン満載で、休む暇がほとんどありません。

    続きを読む
  2. 【介護生活12日目】日常の何気ないルーチンでも 一つ一つがかけがえのないエネルギーの源泉なのです

    夏休みの介助介護生活も今日で13日目、 最終日となります。 一旦東京に戻りますが、 今日からが本当の「始まり」になります。ところで、僕が先日帰省して間もなくのとき、 母は右足の小指を少々怪我しました。

    続きを読む
  3. 【介護生活11日目】自分の「思い込み」にあらためて吃驚

    昨日、母から頼まれ、 近所の(といっても車で10分くらいかかりますが)ゆうちょ銀行にお金を引き出しに行きました。 先日、妹と役所に行ったときに、 妹が途中農協に寄り、現金を引き出していたので、 僕の頭にはその記憶が強く残っておりました。

    続きを読む
  4. 【介護生活10日目】懐かしい、身近な人たちとの対話はとても有意義でした

    夏休みの長期滞在は学生時代以来でしょうか。 かれこれ30年ぶりになります。 親戚縁者が集まると、いろいろな昔の話が出てきて、 中には、いまだ僕が知らなかった事実もあります。 過去に固執するのは不要ですが、 過去を知ることで、現在の意味や意義が新たになることも多々。

    続きを読む
  5. 【介護生活9日目】兄弟姉妹パワー恐るべし(笑)

    おはようございます。 父の「気」が入院前に戻ってきたので、 少し安心しております。昨日、叔母(父の妹)夫妻が、お見舞いとお墓参りを兼ね 吹田市から我が家を訪れました。 そこに居合わせた伯母(父の姉)と従姉(伯母の長女) とは偶然の再会にとても喜んでいました。

    続きを読む
  6. 【介護生活8日目】何でも予防、そうなる前に防げることは防ぐという姿勢がベストです

    今夏の帰省では、 父母とできる限り昔話に花開かせています。 中には、僕の知らないエピソードもあります。例えば、母の病気のこと。

    続きを読む
  7. 【介護生活7日目】ご先祖様へのお墓参りをしてきました

    父母は相変わらず些細なことで喧嘩をします。 もちろん仲は良いのですが、さすがに60年近くを共にしていると いろいろ溜まったものもあるんですよね。 発散が大事ですから、それはそれでうまくいっている証拠だと思います。

    続きを読む
  8. 【介護生活6日目】心を中庸に、敬い、そして静かに

    おはようございます。 実家生活も1週間になって思うのは、 日常の凡事の多くが、 思考や感情にまみれるもので、 大きな視点で見ると はっきりどうでもいいことばかりで、 そういうことに 人間は翻弄されがち なんだということです。

    続きを読む
  9. すべてのもとは気からですね

    台風10号の影響で朝から雨。 日常は平穏に流れていますが、 視点や捉え方によって、波風が立ち、心が揺れます。 いつもZEROの状態をいかに維持するか、 人生の大きな課題の一つです。母を負ぶってトイレに行くのも コツがつかめたせいか余裕になりました。

    続きを読む
  10. 【介護生活4日目】この土地は神仏に護られているようです

    地縁の絆が深い地域柄か、 母のところには お蔭様でいつも誰かがいらしていただいて、 話し相手になってくれています。 何であれコミュニケーションの大切さを思います。僕の実家は滋賀県の信楽町宮町にあります。

    続きを読む
ページ上部へ戻る