ブログ

  1. 縁が切れない人たちとは、縁が切れないだけの理由があり、また縁の深さを痛感します

    同い年ののぞむくんとは知り合って35年が経ちます。当時彼は20歳の高校生、僕は大学3年生でした。性格も生きざまも正反対の二人が、35年後も縁が切れずに、共に食事をしながら人生談義を交わしているとは想像もしなかったです。(笑)後輩のよっしーとは知り合って26年が経過します。

    続きを読む
  2. 人の今を見て、可能性を追究することがすべてです

    昨夜は、月に1度の道友会でした。早10回目。昨日も23時半頃まで、熱い語りが繰り広げられました。毎々遅くまでおつきあいいただける道の諸先輩方には感謝の思いでいっぱいです。いつもありがとうございます。

    続きを読む
  3. 人の価値観は様々で、幸せの定義も人それぞれです

    人の価値観は様々で、幸せの定義も人それぞれです。僕が思うに、自分の生まれてきた意味と役割がわかり、その役割を、たとえ微力であったにしても日々全うできる生き方ができているならそれは幸せでしょう。一見、良いことも悪いこともある。

    続きを読む
  4. これからが本番

    子どもの頃から大器晩成だと言われ続けて来て、56歳の今、ようやくいろいろなことがはっきりと見えてきました。とても長かった。(笑)これまでの人生で起こったこと、出会った人、所有した物、捨てた物、すべてが今に生かされているのだと思います。

    続きを読む
  5. 素直になって、とっとと行動を起こしましょう

    本当のことに気づくには、無意識に作り込んできた我が身の常識を破らなければなりません。これがなかなか手強い。もう一つ、外からの大量な情報による洗脳にも気をつけなければなりません。これもなかなか手強い。

    続きを読む
  6. 相手を尊重する心を忘れないこと

    思念は態度に現われます。どんなに優しい言葉をかけていても深層の思いは声に乗っかって相手に伝わります。心のどこかに相手を馬鹿にするような、相手を下に見るような思いがあれば、丁寧に話をしていても相手は侮辱されたように感じてしまいます。

    続きを読む
  7. ごちゃごちゃ考えず、悩まず、手放すことが賢明です

    今朝、ある後輩から次のようなLINEが届きました。会社に向かってますが、家には子供たち2人が留守番です。こんなので、良いのかちょっと悩みます。まぁ、信じるしか無いんだと思ってはいますが。親の視点からすると難しい判断ですよね。

    続きを読む
  8. 分かち合うこと

    振り返って分かち合う。酸いも甘いも腹を割って分かち合う。互いに共感し、互いに認め合い、互いに受け入れ合うことで人は確実に進化します。濃厚な2日間を過ごし、渋滞に巻き込まれながらも車中はとても健やかで清々しい時間に包まれました。

    続きを読む
  9. 背負った荷物をまずは降ろしましょう

    岐阜県中津川市の朝。昨夜の星々がきれいでした。空気は澄んで心地良く、太陽の光は眩しく、清々しいのです。時の移ろう中、自然の運行は一切の乱れなく、ただ無情に流れます。すべてがあるべくしてあり、なるべくしてなる。

    続きを読む
  10. 大丈夫、大丈夫。笑って、笑って

    子どものことで悩みを抱える親御さんがたくさんいらっしゃいます。何とか子どもに良くなってもらいと親は諸々対応しますが、親の常識や規範の中での対処なので、結局はうまくいかないことが大半です。子どもの気持ちになれば良いのだと言えばそれまでですが、それがなかなかできない。

    続きを読む
ページ上部へ戻る