ブログ 岡本浩和の「人間力」発見日記

やっぱり食べ過ぎは万病の元

現代人の多くは、当たり前のように
1日3食を摂りますが、
僕は長い間基本2食で生活しています。
夕食はできる限り早く、そして朝食は基本摂りません。
前日の夕食と朝食の間、約18時間、
いわゆる半断食ということになりますが、
それによって身体の調子が実に良いのです。

稀に集団生活などで
朝食を共にすることがありますが、
1日3食にすると、途端に体調が崩れます。

昨日は、体調がいまひとつでしたので、
昼食だけで夕食を控えました。
今朝はすこぶる調子が良い。
習慣もあるとは思うのですが、やっぱり食べ過ぎは万病の元ということですね。

ところで、先日、智慧と慈悲と勇気の大切さを教えていただきました。
そういえば、アメリカの詩人ロバート・フロストが
「勇気というのは人間の徳の中で最も重要なものである」
と書いていましたが、勇気だけでなく、智慧と慈悲を同時に
兼ね備えることが大事だということです。

勇気を持った行動の大前提は慈悲の発露であること、
そして、どんなときも振り返り、湧き出づる智慧を
いかに上手に使えるか。
幸せに生きるコツがそこにあるのだとあらためて思います。

今日も素晴らしい一日でありますよう。
※白川名物ほう葉寿司をいただきました!

※以下、ランキングバナーの1クリックにご協力ください。

人気ブログランキング

関連記事

カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る