ZERO

  1. 何が起こっても他人のせいにしない、環境のせいにしないこと

    昨日は某所で ZEROエントリープログラムを実施させていただきました。 終了後のフィードバック、ディスカッション等含め 貴重な4時間でした。 ありがとうございます。僕たちはどうしても自分の思考や感情に縛られてしまいます。

    続きを読む
  2. こだわることがなければそれほど楽なことはありません

    もちろん独りで物事を考え、省みるという時間も大切なのですが、 人に向き合っているときが やっぱり一番幸せなんだと感じます。そこに他人がいるから 人は悩み、苦しみ、 そして一方、学び、成長するのです。人間関係についての問題を抱えている人は多いですよね。

    続きを読む
  3. 活力の一番の本は、人との深いコミュニケーション

    上あご上部に口内炎ができました。 食事に多少影響があるのがつらいです。 身体というのは本当に正直ですね。 今は完全に菜食生活に切り替えておりますが、 先日の実家での滞在中、 出汁については、(自分の分だけ別に作るのが面倒だったので) 通常の昆布+鰹出汁で対応しておりました。

    続きを読む
  4. 結局は人間は常に「人間関係」に悩む生き物だということ

    昨日、ある夕食会で一組の親子とお話しする機会がありました。 息子さんは高校2年生なのですが、 本当に素直で、前向き、純粋な性質の男の子。 聞くところによると、 人望篤いらしく、友達も多く、周囲がいろいろと相談を持ち掛けてくるのだとか。

    続きを読む
  5. 【介護生活11日目】自分の「思い込み」にあらためて吃驚

    昨日、母から頼まれ、 近所の(といっても車で10分くらいかかりますが)ゆうちょ銀行にお金を引き出しに行きました。 先日、妹と役所に行ったときに、 妹が途中農協に寄り、現金を引き出していたので、 僕の頭にはその記憶が強く残っておりました。

    続きを読む
  6. すべてのもとは気からですね

    台風10号の影響で朝から雨。 日常は平穏に流れていますが、 視点や捉え方によって、波風が立ち、心が揺れます。 いつもZEROの状態をいかに維持するか、 人生の大きな課題の一つです。母を負ぶってトイレに行くのも コツがつかめたせいか余裕になりました。

    続きを読む
  7. 傾聴は在り方だとつくづく思います

    言葉は思考の表現のツールの一つですが、 言葉そのものは、氷山の一角に過ぎません。 水面下の、言葉に表れない背景を 共有することが大切だとあらためて思います。しかし、その前に大事なことは、 事実と思考のすみ分けと、 さらに、どんな思考が渦巻いていたのかを整理することです。

    続きを読む
  8. 突破口は、信じることと動くこと

    他人のことを見ても、 あるいは、自分事を振り返ってみても、 結局のところ、 依存性がすべての問題の根源であり、 依存性の克服こそが、 ひとりひとりの大きな課題の一つなんだと あらためて思うのです。突破口は、信じることと動くこと。

    続きを読む
  9. 究極”I love you”しかない、それが感覚です

    組織には、種々様々な個性が揃っています。 所帯が大きくなると、 統制をとるのが難しくなりますが、 それもトップの在り方次第でどうにでもなります。人は大別すると、素直であるか頑固であるか。 まずはトップが素直でないといけない。

    続きを読む
  10. パラダイムから離れること

    昨日から「7つの習慣—店舗運営の心得」ファシリテーター研修を 受講させていただいております。 中で、各習慣を1分でスピーチするというワークがありました。 いやはや、これがまたとても勉強になりました。いかにシンプルにわかりやすくお伝えできるか。

    続きを読む
ページ上部へ戻る