ZERO

  1. 究極”I love you”しかない、それが感覚です

    組織には、種々様々な個性が揃っています。 所帯が大きくなると、 統制をとるのが難しくなりますが、 それもトップの在り方次第でどうにでもなります。人は大別すると、素直であるか頑固であるか。 まずはトップが素直でないといけない。

    続きを読む
  2. パラダイムから離れること

    昨日から「7つの習慣—店舗運営の心得」ファシリテーター研修を 受講させていただいております。 中で、各習慣を1分でスピーチするというワークがありました。 いやはや、これがまたとても勉強になりました。いかにシンプルにわかりやすくお伝えできるか。

    続きを読む
  3. すべては信頼、何より信頼

    「信頼」は、 すべてのベースとなる「在り方」です。 しかし、「思考」を軸とする僕たちは、 見かけや結果に囚われてしまい、 つい疑いの眼差しで物事を見てまします。 それは大変な「落とし穴」。どうしたらその「穴」抜けられるか。 プロセスを逐一共有することがひとつ。

    続きを読む
  4. 過ぎたるは及ばざるがごとし

    考えることは、とても大事なことですが、 「過ぎる」と余計な不安や後悔を煽ってしまいます。 感じることも、とても大事なことですが、 「過ぎる」とやっぱり余計なものまでキャッチしてしまいます。 過不足ない在り方が大切ですね。昨日は名古屋(勝川)での4年ぶりのZERO。

    続きを読む
  5. 一人一人が感覚にアクセスし、根っこから優しくなれれば、世界は平和になるのだと思います

    ・来て良かったです。忘れてはいけない大切なことが色々ありますが、日々忘れてしまいます。ここに来るたびに再認識します。対象が家族であれ、恋人や友人であれ、 無意識に相手に復讐をしようとするゲームがあります。

    続きを読む
  6. すべては自分の選択の結果

    他人からはすべて揃っていて幸せそうだと見えていても 自分は不幸だと思っている人は あえて思考で自分をそのように定義しているせいか、 本当は(思考なんて)簡単に脱ぎ捨てることができるのに 無理だと言って抵抗します。思考と感情に翻弄されているうちは 何も変わりません。

    続きを読む
  7. 外には答はありません

    昨夜の満月はとてもきれいでしたね。つくづく思うこと。 目に見えること、耳に聞こえること、 つまり、外の情報に誰しも囚われがちだということ。外には答はありません。 外に答えを求めると判断を誤ります。

    続きを読む
  8. 思考感情の鎧を脱いで、ただひたすら聴くこと

    僕たちの人生は 選択の連続ですが、 その選択は、要はぶつかるか逃げるかの二者択一で、 悩みを抱える人の場合、 大抵が「逃げる」の方を 選択してきているのだということがわかります。特に、身近な人間関係にまつわる問題。

    続きを読む
  9. 他人のせいにしないことと行動し続けることで何にせよ物事は開きます

    他人のせいにしないことと 行動し続けることで 何にせよ物事は開きます。 人間関係然り。例えば、押してダメなら引いてみよ。 問題が収束しないときは 相手に期待したり、 相手を変えようとしていたり、 自分のエゴが邪魔をしている可能性が高いですね。

    続きを読む
  10. 包み隠すことなく、ありのままの自分を表現できるという幸せ

    無理なく互いのことを理解し合えるのなら おそらくそれが一番の幸せなのだと思います。 包み隠すことなく ありのままの自分を表現できるという幸せですね。ホント、ゼロって不思議ですよね。毎回同じになるこまは絶対になくて、その時その時で必然な出会いとか言葉があるというか。

    続きを読む
ページ上部へ戻る