調和

  1. 経験と実践あるのみ

    オンライン道楽会に参加した女子から次のようなメッセージをいただきました。今日も素晴らしき時間をありがとう。前回よりなんとなくわかった気がした。なんとなくね。頭で理解したって感じじゃなく、なんとなく「わかるなぁ」って感じれた。

    続きを読む
  2. 結局、人が求めるものは、形が何であれ「つながり」

    コロナによってあっという間に世界が変わっています。昨日の朝日新聞でも報じられていましたが、例えば、登校拒否など学校を休みがちな生徒がオンライン授業なら出席できたという記事に膝を打ちました。人に会いたくない、他人に会わせる顔がない、疲れる、など、理由は人それぞれ。

    続きを読む
  3. 大事なことは、信念と自信と希望

    アメリカの実業家であり詩人のサミュエル・ウルマンの「青春の詩」を教えていただきました。信念と共に若く、疑惑と共に老い、自信と共に若く、恐怖と共に老い、希望ある限り若く、失望と共に老い朽ちる。

    続きを読む
  4. 今できるベストを尽くすこと

    幾つか選択肢があるときに 人はあれこれ考えます。 どちらか得か損か、 どちらが明るいか暗いか、など。感覚にアクセスするというのは、第一念に頼るということで、 そこには思考が入る余地がありません。 強いて言うなら、後先無視して今できるベストを尽くすことでしょうか。

    続きを読む
  5. 結局は人間は常に「人間関係」に悩む生き物だということ

    昨日、ある夕食会で一組の親子とお話しする機会がありました。 息子さんは高校2年生なのですが、 本当に素直で、前向き、純粋な性質の男の子。 聞くところによると、 人望篤いらしく、友達も多く、周囲がいろいろと相談を持ち掛けてくるのだとか。

    続きを読む
ページ上部へ戻る