アーカイブ:2020年 12月

  1. お日様の力が沁みますね

    高原は久しぶりの雪だそうで。朝起きると一面真っ白の雪景色が広がっていました。車で帰省しなくて良かった。(笑)とはいえ、あっという間に降り止み、陽光が差し、溶け始めているので、大事には至りません。お日様の力が沁みますね。

    続きを読む
  2. 歯車が噛み合わない日は大人しく、謙虚に

    久しぶりに新幹線で帰省しました。新幹線は年末とは思えない空き様。京都駅に着き、JR琵琶湖線から草津線に乗り換えたところ、信楽高原鐡道がちょうど良い時間にあることが判明し、せっかくなので乗っていこうと計画しました。

    続きを読む
  3. やっぱり僕たちは護られているのですよ

    今日は1年の節目の日。振り返ると、現在進行形で大変な1年でしたが、一方で、すべてが順調だと感じられる年だったと思います。

    続きを読む
  4. 大事なことは、 降りてくるちょっとしたインスピレーションを捉え、無視することもできる中、実際に前に進めるかどうか

    昨日は、これまた久しぶりの女子から連絡を受け、一緒にランチしました。毎々思うのですが、昨日も何だかパズルがはまるように、今日ここに至っているのだと痛感しました。

    続きを読む
  5. 大切なことはやっぱり修身

    中学1年生の男子とLINEセッションしました。

    続きを読む
  6. まずは素直に守るということ

    師と仰ぐ人に判断を委ねるべき状況と、自ら判断を下すべき状況の見極めが難しいですよね。基本は自らの良心の声に耳を傾けよということなのですが。「風姿花伝」の「守破離」を思いました。慣れないうち、初めのうちは、やっぱり天の声としてすべてを委ねることかなと。

    続きを読む
  7. 余計な思念を捨てましょう

    ようやく「鬼滅の刃」を観て来ました。とても良かった。心の、無意識の、本性のあり方が真に問われる時代になったのだと痛感しました。この身はあくまで借り物であり、仮の姿。本当のことに目覚めることができれば、とても生きやすくなるのだと思います。余計な思念を捨てましょう。

    続きを読む
  8. 修身斉家治国平天下

    修身斉家治国平天下(「大学」から「礼記」)結局はすべて自分の心の問題であり、心の器を広げるために徳を積むことの大切さを孔子は教えてくれます。昨日も長年つきあいのある後輩から家族に関しての相談を受けました。

    続きを読む
  9. すべては「今」につながっています

    (15年来の)女子から10年ぶりくらいに電話が入りました。大豆ミートの使い方を教えてほしいという相談。流れに乗ってるね、ということで、早速家に呼んで会食という運びになりました。10年近くの時を経ても関係は何ら変わらず、3時間半ほど濃密な対話ができましたよ。

    続きを読む
  10. 自分の課題から逃げないこと

    昨年の今日、新宿区の弥勒殿にて結婚のお披露目のパーティーをさせていただきました。あっという間の1年でしたが、吃驚するほど充実の1年でした。夫婦は対(つがい)であり、また対(つい)だといわれます。

    続きを読む

カレンダー

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別アーカイブ

アクセス・カウンター

  • 40,720 アクセス
ページ上部へ戻る