散髪

  1. 音楽はやっぱり生に限りますね

    久しぶりにジャズ・ヴォーカルを聴いてきました。妻が若い頃、ニューヨークで出会ったyocoさんと栗原洋平さんのコラボ@神楽坂TheGlee。こじんまりとしたクラブでの生音楽は心にじんと染みました。

    続きを読む
  2. 身をもってのふれあい、心からのふれあい

    午前、妻が子どもたちの髪を切るため後輩宅を初訪問するのに同行しました。子どもたちはとにかく散髪嫌いのようで目いっぱい泣き叫んでいましたよ。(笑)自分は幼少の頃どうだったんだろう?と振り返っても思い出せません。

    続きを読む
  3. 太っ腹の精神で笑ってすべてを受け容れること

    笹尾山・石田三成陣跡での夫婦2ショット。満面の笑みに自分でも吃驚。(笑)偶然ですが、石田三成が用いたのぼり旗「大一大万大吉」を背にしています。一人が万民のために、また万民が一人のために尽くせば必ず幸せになれるという意味だそうですよ。

    続きを読む
  4. 少しでも早く目覚めることが大切ですね

    今日は57歳最後の日になります。心は永遠に18歳の少年のままなので(笑)あと2年ほどで還暦になることに我ながら驚きが隠せません。時間は待ってくれません。やるべきことを悟り、少しでも早く目覚めることが大切だとつくづく思います。

    続きを読む
  5. やっぱり比較すべきは他者でなく、 過去の自分自身なのです

    今朝、妻に髪を切ってもらいました。調べてみると(意識せず)ちょうど1ヶ月。そろそろ切ってもらいたいなと直感したのが昨夜。たかが散髪ですが、何となくそう感じる人間の感覚というのは素晴らしいものだと思います。何事も大概余計に考え過ぎて(第二念、第三念・・・)間違ってしまうもの。

    続きを読む
  6. 年末年始の絶不調からの一連の体験は僕にとって最高の体験です

    年末年始の絶不調では本当にたくさんの方々に心配をおかけして大変申し訳ないという想いでいっぱいです。たくさんの人に支えられていて生きているのだということをあらためて思います。心身の健康第一ですね。

    続きを読む
  7. 朝から妻に髪を切ってもらいました

    朝から妻に髪を切ってもらいました。11月は毎週のように全国あちこち飛び回り、怒涛のような日々でしたので、暇なく髪は伸び放題。もはや我慢ならず、偶々午前の予約がキャンセルになったというのでお願いした次第。すっきりしました。いつもありがとう!仲間の動きが一層活発になっています。

    続きを読む
  8. 不安や恐れという余計な思念からいかに自分自身を解放するか

    おはようございます。大阪府箕面市からの滋賀県甲賀市信楽町です。1ヶ月半ぶりの実家で、今日は朝から母、父、伯母の順に恒例の散髪大会(笑)。今日は妹の56回目の誕生日なので、朝電話したら職場で仕事中でした。てっきり日曜日だと勘違いしていた僕は、もはや曜日感覚が麻痺しております。

    続きを読む
  9. 問題が起きるのは、大抵自然の摂理、真理からずれてしまっているがゆえ

    今日は大事なセミナーの登壇があったので今朝、出かける前に妻に髪を切ってもらいました。お蔭様ですっきり(笑)、そして、たくさんの方に喜んでいただけたセミナーになったようでとても良かった。どんなときも、すべてに感謝できるかどうか。

    続きを読む
  10. 大切なことは志を一つにできるかどうか

    帰省のたびに、父は事あるごとに、「ええ嫁さんもらったなぁ、毎日感謝状書かなあかんで」と言います。(笑)本当にその通りだと思います(のろけでも何でもないですよ)。夫婦というもの、大体がそもそも対極の存在で、性格も趣味も、生き様も本来まったく合致しません。

    続きを読む

カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別アーカイブ

アクセス・カウンター

  • 90,726 アクセス

訪問者数(カウント開始日2022年1月23日)

  • 1
  • 94
  • 28
  • 143
  • 45
  • 56,995
  • 5
ページ上部へ戻る