帰省

  1. 両親から夫婦の絆というものを学ばせていただいております

    日常のあまりの慌ただしさに、 そして、特に令和になってからの 物事の進展のあまりのスピードに、 頭がついて行かない様子でしたが、 すべてが順調に動いていることを実感します。昨日は、父がMRIの検査を受けるというので、 一緒について行きました。

    続きを読む
  2. 対話が重要。場が人に影響を与えるというのはその通りです。

    おはようございます。 昨夜の高原は猛烈な雨が叩きつけておりました。 今朝はすっきり快晴。 浄化の即位礼正殿の儀の祝日です。両親の生活は すっかり元通りになっています。

    続きを読む
  3. 素直に取り込んで、素直にやってみることです

    物にも佛性があり、また徳があるそうです。 無機質なものでも、人が必要とし、人が関わるものなら そこには徳が刻まれるのだと。 納得しました。人は共通の話題を持つと 近くなります。 それをきっかけにして、できれば世界を広げると良い。

    続きを読む
  4. 人は他人との見えない絆を通して「お互い様、お陰様」で生かし合っているのです

    一泊二日の慌ただしい帰省でしたが、 とても良い時間を過ごすことができました。父の状態もほぼ入院前に戻り、気力も充分、 身体の方は老体に鞭打つ様子でなかなか大変ですが、 人間というもの人の役に立つことが 生きがい、生きることの力につながるのだとあらためて思います。

    続きを読む
  5. 何事も行動で示すこと

    今日明日の2日間は実家に帰ります。 今年は今までにないくらい頻繁ですが、 できるときにできるだけ孝行をしておこうという思いから。

    続きを読む
  6. 【雑感】すべては気の問題。分かち合いましょう。

    只今、新幹線車中。 移動日含め3日間、実家で過ごしました。 田舎の安心と静けさを堪能しましたよ。(笑)生まれてから55年という長い歳月を経ても、 生まれ育った土地で父母、妹と過ごしていると 内面は童心に還ります。

    続きを読む
  7. 「違和感」は大事にしましょう

    余計な思考は疑念を生み出します。 思考から生じる疑いはもちろん手放した方が良いですよね。しかし、直感、第一念、最初の違和感は、 大事にした方が良い。 後々振り返ってみると、大概正しかったということになりがち。 説明できない感覚、直感を侮らないでおきましょう。

    続きを読む
ページ上部へ戻る