ブログ 岡本浩和の「人間力」発見日記

コミュニケーションも一つの芸術です

友人がメールで、
ある音楽家から教えてもらったという言葉を教えてくれました。

“Kommunikation ist auch eine Kunst”
コミュニケーションも一つの芸術です。

“Kunst”には、「技巧」という意味のほかに芸術という意味が含まれます。
コミュニケーションは「芸術」なんだと!
僕は膝を打ちました。

僕は思います。
直接のコミュニケーションは、
幸せに生きるための最大の特効薬なのだと。

昨日のお昼頃、実家に電話をしました。
1週間前も電話をしたのですが、
父が少し呆け気味だということと(笑)、
このところちょくちょく夢に出てくるので、
再び受話器をとったわけです。

84歳の父は今確かに物忘れが激しいようですが、
日々のブログを見る限り(一応毎日綴っています)、
散歩に出てきちんと帰宅できているのと、
いろいろと雑務をこなせていること、
そして何より声(というより音)を聴く限りでは
今のところとりあえず問題ないように感じました。

ほんのわずかな時間ですが、
たとえ電話とはいえ、コミュニケーションをとることの
大切さをあらためて思います。
音はエネルギーですからね。
対話によってエネルギーの交換をするということです。
孤独が生きることの最大の敵だというのはよくわかります。

それと僕自身の内側も電話によって晴れ渡りました。
人間は対話がないと不安になり、疑心暗鬼になる。
不安は自己中心的な思考の作り出した
実体のない妄想だということを確信します。

ということで、今日も全力投球。
素敵な一日でありますよう。
ありがとうございます。

関連記事

ページ上部へ戻る