自己開示

  1. 目指すは「無情だけれど愛がある」という状態

    アドラー心理学に、人生の課題三原則があります。自己受容、他者信頼、他者貢献。僕たちは誰しも、この3つを体得すべく人生で悲喜交々体験しているのだというのです。とても納得。しかし、言葉で言うのは簡単ですが、自己受容も他者信頼も在り方の視点で見ると、そう容易いことではありません。

    続きを読む
  2. 変化を楽しむことが大切です

    信頼関係の根本は伝えること。 問題が起こった時に、その原因を探っていくと、 結局、お互いが十分に伝え切っておらず、 想像が想像を呼び、それが妄想に発展し、 最終的に不安を作り出してしまっているというのが大抵。 特に、身近な人に対しては 拒絶されることを怖れて、人は隠そうとします。

    続きを読む
ページ上部へ戻る