ブログ 岡本浩和の「人間力」発見日記

井の中の蛙大海を知らず、感覚を磨きましょう

情報も知識も外から取り込むもので、
それで知ったつもりになるのは愚の骨頂。
というより、たぶん、死ぬまでずっと勉強で、
いつまで経っても「知ることができない」「わからない」というのが
この世に生きていることの証なのではないかと思います。
だからこそ、いつも動いて体験しないといけない。
それにはやっぱり「覚悟」がいりますね。

素直な心で縁を受け入れ、こだわりを除けば、思わぬ幸運に恵まれ、新しい道が開けるであろう。

昨日こんな言葉をいただきました。
今の僕にとても響く言葉です。

ほんの少し自分の人生を振り返ってみました。
なんやかんや言って、やっぱり人が好きで、
人と分かち合い、
人が喜んでくれる姿に思いっ切り心を動かされる自分がいつもいます。
性格や癖に翻弄されず、
自分の芯の部分、すなわち本性に従って生きることが
大事だとあらためて思います。

ちなみに、本性、すなわち感覚に従うには
時間と空間を超えなければいけません。

井の中の蛙大海を知らず。

感覚を磨きましょう。
今日も素敵な一日でありますよう。

関連記事

ページ上部へ戻る