ブログ 岡本浩和の「人間力」発見日記

「質く気で訊くと効く(きくきできくときく)」

開拓にはいろいろな方法があります。
どれもが正しい。
ちなみに、自分には自分の方法があり、
他人と比較するものではありません。
だからこそいろいろな経験をし、自分の方法を見出すことが大事なんだと
僕は思います。

昨日、こんな言葉を教えていただきました。

「質く気で訊くと効く(きくきできくときく)」

「質」を「きく」と読むとは知りませんでした。
訓読みでは「質す(ただす)」で、「きく」という意味を持ちますから、
単に当て字かもしれません。
それでも、なるほどなと納得します。

「ただす」わけですから
ぼーっと、適当に、ではなく、本気で聴くということでしょう。
何でも「本気であること」が大切です。

ちなみに、昨夜の新日本フィル定期も本気で聴きました。(笑)
素晴らしかったです。

今日もまた素晴らしい一日でありますよう。
ありがとうございます。

関連記事

ページ上部へ戻る