ブログ 岡本浩和の「人間力」発見日記

自分を正しく生きること、正しく在ることが信頼の源泉だということ

「灯台下暗し」という言葉があります。
仕事においては
自分が提供していることそのものに最も気をつけるべし。
意外に自分自身が一番できていなかったりしますからね。
僕にあっては傾聴や受容や信頼ということ。
自省、自戒が常に大事です。

長い間、他人の教育というものに関わってきて思うのは、
自分を正しく生きること、正しく在ることが
信頼の源泉だということ。
コミュニケーションをいい加減に扱わないよう
気をつけようとあらためて思いました。

昨日、実家から東京に戻る途中、学生時代の仲間たちに
呼び出されまして、急遽合流しました。
東急沿線は「都立大学駅」集合。
ほぼ思い出話一色でしたが、回想、回顧もたまには良し。
当時20歳前後の後輩たちが皆50歳越えになっていることに驚きました。(笑)
そりゃそうです。(ただし、見た目はさすがに皆若い!)

良い時間でした。
ありがとうございます。
連休も今日が最終日。素敵な一日でありますよう。

関連記事

ページ上部へ戻る