ブログ 岡本浩和の「人間力」発見日記

純粋に信じられることはどれほど幸せなことか

人に何か大切なことを伝えるとき、
僕は結構断定的なものの言い方をします。
それは癖のようなものなので、
自分では意識していないのですが、
絶対的確信があるとき
そういう言い方をついしてしまうようです。
人によっては「高圧的」に感じられるかもしれませんが。(汗)

少なくとも体験的確信があるからこそ
そういう物言いになっているのだと付け加えておきます。

何にせよ人からの情報とはそういうもので、
何を判断基準にするのがベストかといえば、
自分で体験して、自分で感じるしか術はありません。

どんな良い話も結局はその発信者の主観であって、
参考にするにせよ、最後は自ら体感しない限りわかりません。
それゆえに体験前に重要なことが、その発信者を信じられるかどうか。

人間にとって信じること、純粋に信じられることはどれほど幸せなことか。
そんなことを思う秋分の夜。
今日は5回目のクッキングクラスでした。
例によってとても濃厚な一日。
ありがとうございます。


人気ブログランキング

関連記事

カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る