ブログ 岡本浩和の「人間力」発見日記

人を疑うのでなく、自分の思考や感覚を疑うこと

あらゆる物、事、人から学べと教わりました。
身の周りのすべての事象には、
自分が成長するためのヒントが落ちていて
それらは一切の無駄なく、成長の糧となるべくそこにあり、
優劣、好き嫌いで判断しないことというのです。

先日来、ある後輩とビジネスのパートナーシップを組んだところ、
まぁ、とにかくいちいち細かく面倒くさい。(笑)
どちらかというと僕は曖昧さが大好きな人間で(笑)、
基本性善説をとる性質なので、
信頼を前提に細かいことは気にしません。
一方、彼は性悪説とまではいきませんが、
少しでも納得いかないことがあれば、
とことん相手を疑って、とことん追い込んでいくのです。

メッセンジャーやメールだけのやり取りが続くと、
こちらが滅入ってきます。
しかし、対面とはいかずとも
電話で話をすると、厳しい内容に見えたことも
それほど険しいものではないことがわかります。

意外に僕自身が、相手の出方によって
心のシャッターを下ろしがちなのかもと気づかされました。
やっぱり、誰もが本性は明るいんだとわかります。
狂わせているのは、思考であり、性格・性質なんだということです。

何はともあれ人を疑うのでなく、自分の思考や感覚を疑うことですね。
すべては自分の心が生み出したもの。
禅宗では「一切唯心造」というそうです。

※以下、ランキングバナーの1クリックにご協力ください。

人気ブログランキング

関連記事

ページ上部へ戻る