ブログ 岡本浩和の「人間力」発見日記

とどのつまりは、我に入らないということ

昨日は某社様の内定者研修でした。
皆様、さすがに優秀。
しかし、優秀であるがゆえのアキレス腱といいますか、
いわゆるプライドが邪魔をして
成果を得られないというお決まりの状況に陥りました。
各々が日常でも思い当たる節があるようで、
この時期の、この体感的気づきは実に大きかったようです。

プライドそのものは重要ですが、
それによって委ねられなくなるというのが一番の問題でしょう。
プライドに固執にすると、結果孤立してしまいます。
孤立からはエネルギーやパワーは生まれません。

どんなときもつながりを大切にすること。
それには目先の問題や課題に埋没せず、
時間的にも空間的にも「俯瞰」できる目を持つことが重要です。
とどのつまりは、我に入らないということ。
自然はうまく巡っています。
信頼して委ねることですね。

今日も素敵な一日でありますよう。
ありがとうございます。

関連記事

ページ上部へ戻る