ブログ 岡本浩和の「人間力」発見日記

日々、良心に沿って生きていれば、心配せずとも護られるもの

昨日、久しぶりに川崎を往復しました。
有楽町線から山手線、そして東海道線を乗り継いで移動、
休日のためか車内はもちろんのこと
どこもかしこも大勢の人、人、人、・・・。
たくさんの人たちが、各々の目で世界を見ているのだと思ったら
不思議な気持ちになりました。

何十億人という人がいて、
それぞれに想いや感じることがあって、
そこにはまったく正反対のものもあるわけですから、
説得しようとか、
また理解しようとか、
そういうことも何だか違うのかなとも思います。
それぞれを全面的に受け容れてしまうことが大事。
自分事が大切だというのはもちろんあります。
ただ、それほど過剰に自分を守らなくても
日々、良心に沿って生きていれば、
心配せずとも護られるように思うのです。

ところで、昨日ミューザ川崎で聴いたコンサートはとても素晴らしかった。
大袈裟に音を取り扱うのでなく、繊細ながら鮮烈に
どの作品も躍動していました。
なるほど、日々の過ごし方といいますか、
生き方も繊細かつ勇気をもって在れば、
感動的なものになるのだと痛感します。
他人の生き方がどうだとか、誰の考えがどうだとか、
そんなことはどちらでも良いつまらぬことで、
自分の内側を見つめ、自分を正しく生きることがすべてでしょう。

ところで、先ほど、入院3週間になった父と電話で話しました。
明日からリハビリが始まるので、近況報告を兼ね、
現状を聞いておこうと会話。
何であれコミュニケーションが大事ですね。
今日も素敵な一日でありますよう。
ありがとうございます。

関連記事

ページ上部へ戻る