ブログ 岡本浩和の「人間力」発見日記

人の生きがいの原点が、身近な人との密接なコミュニケーションであることは明らかです

死というものは
決して恐ろしいものではありません。
ましてや終わりなんかではない。
ただし、今生を一生懸命に生きてこその死。
一瞬一瞬を大事に、丁寧に過ごそうとあらためて思います。

昨夜はある先輩のお母様のお通夜式に
出席させていただきました。
なんだかとても明るく、幸せ感溢れる式でした。
93歳を前にお亡くなりになられたということで、
とても安らかなお顔でありました。

喪主のごあいさつの中で印象的だったのは、
最後は施設に入られ、亡くなる数ヶ月前からは
認知症も患われていたということ。
(わが父も最近初期の認知症だという診断を受けているので余計に)

人の生きがいの原点が、
身近な人との、また家族との分かち合いであり、
密接なコミュニケーションであることが明らかですね。
人とのつながりを、
そして、人との時間を大事にしたいと
あらためて思います。
そして、やっぱり
一人でも多くの人のお役に立ちたい、
(僭越ながら)助けたいと思うのです。

現在、東武鶴ヶ島駅近くのミスドでコーヒーをいただいております。
今日も素敵な一日でありますよう。
ありがとうございます。

関連記事

ページ上部へ戻る