ブログ 岡本浩和の「人間力」発見日記

「縁」を大切に

「隨縁」という言葉があります。
ただあるがままの縁に随うということですが、
我に固執すると縁というものを見過ごしてしまいます。
否、縁に限らず、我こそが判断を誤る大きな要因なんだと
あらためて思うのです。

来るものは拒まず、
去るものは追わず。

それは固執せず、流れに身を任せることを意味するのでしょう。

今朝の授業で、影響を受けた人について考えるワークがありました。
親だという学生、部活の顧問だという学生、
あるいは、親友だという学生、様々です。

人はお互いに影響を与え合って生きています。
そこには必ず「縁」がある。
「縁」を大切に。
今日もありがとうございます。

関連記事

ページ上部へ戻る