ブログ 岡本浩和の「人間力」発見日記

今日も誰かに喜んでいただける時間を作りましょう

昨日は船堀で開催された、
パートナーであるフィールアンドサンクの若曽根卓くんの
マインドフルネス・セミナーのオブザーブでした。
昼夜2回。

つくづく思うのは、
マインドフルネスという言葉の通り、
心が満ちている状態は
不足を感じていないときで、
それは、すべてが足りていると悟ったときに
はじめて体感できるものだということ。

心というものは
スキルではカバーできるものでなく、あくまで「在り方」だと
僕は思います。

吾唯知足。

すべてがあるということは、
何もないということと同義です。
それは、不足ということではありません。
「不」という否定形は、あくまで人為的なもので、
人間の思考が創り出した虚構に過ぎません。
自然にはすべて揃っていて、
また、僕たちにもひとりひとり、為すべきことを為すのに
必要なものは揃っています。
アドラーが言うように、
何を持たされているかではなく、
持っているものをどう使うかが最重要ポイントであると
あらためて思うのです。

いかに心を平静に保つか。
何より、他人に貢献することですね。
他人に喜んでいただけたときにこそ
人は心が満たされ、安定します。

何にせよ人間関係。
今日も誰かに喜んでいただける時間を作りましょう。
そして、それを毎日意識し、続けること。
それが一番のマインドフルネス。
ちなみに、何度も書いていますが、
継続は足し算ではなく、掛け算です。
すなわち、一日ストップするとリセットされます。
意地でも続けましょう。(笑)

今日も素敵な一日でありますよう。
ありがとうございます。

関連記事

ページ上部へ戻る