原拓也さん 39歳 会社員

ZEROを仲間に薦める理由は?

ワークショップ中心のセミナースタイルなので、これまでの自分のコミュニケーションがどんな風に行ってきたのかを他者とのワークショップをする中で客観的に知ることができました。 セミナーの多くは、診断テストから自己分析をしての講義形式が多く、頭では理解できても、すぐに行動を変えていくまでに到らない。すごく良いことを学んだが、ふーんなるほどね、で終わることがありました。 ZEROの場合、利害関係がない人と一緒に何度も何度もワークをしていくので、次第に安心安定した信頼関係が築かれていき、本来の自分の在り方が表現されていきます。 座学だけで概念のインプットなら本を読めば良くて、本当に深い腹落ちはアウトプットで得られる周囲の反応や、それを受けてまた自分がどう感じるかを素直に受け取れる機会が大事だと感じました。 いろんな知識や経験があればあるほど、自分の枠に囚われてしまいがちなので、一度それをZEROにし改めて自分がどう在りたいと望んでいるのかを気づかせてくれるセミナーです。

ZEROに関わることで学べることは?

10年以上も前に受講したのですが、その後もたまにセミナー運営にアシスタントとして手伝いに行くことがあります。 目的は受講者の気づきを支援することと、自分自身の新たな気づきを得るためです。 普段の仕事や、日常生活の中では忙しさのあまり忘れがちな、自分の大切にしたいこと、そのためのコミュニケーションの在り方など、もう一度ZEROに戻すことができる場です。 また、社会人になって仕事以外の人と関係を築くことができることも僕にとっての財産です。 セミナー受講で終わりではなく、そこからがスタートというのがZEROです。 今はまだ、アシスタントだけで受講者の支援と自分のへの気づきで終わっていますが、これからより多くの方と繋がっていく中で、学びを広めていくことに役立てて行きたいです。 仕事においてもプライベートにおいても影響の輪を広げるために。

 

 

ページ上部へ戻る