伊藤香住さん 53歳 会社経営

友人やクライアント様にZEROを薦める理由は?

私は50歳を過ぎていますが、周りには30代や40代の方がたくさんいます。中で、今も人にどう見られるかを気にして、悩んでいる方が多く、思わず薦めたくなるというのがひとつです。もうひとつは、私は「片づけ」の仕事をしているのですが、片づけができない原因は、家族の人間関係が大きくかかわっています。その点をひも解こうと思ったとき、ZEROのようなワークショップがとても役に立つのです。自分の心と向き合い、家族に対する思いやりを持てる心の余裕が生まれることで、片づけがとてもスムーズに進むようになるからです。

ZEROにはどんな効用、効果があると考えていますか?

一番は、自分ベクトルではなく他者ベクトルになれるということと、自分ベクトルになった時に気づける、しかも体験を通して気づけるというところです。どれだけ心理学の本などを読んでも、それだけでは変われません。実際、行動するとなると、やっぱり何かしらの環境がないとできません。行動の後押しをする環境を提供してくれることと、まず体験できるということが大きいです。 また、ビジネスにおいても、私の周りには起業家がたくさんいますが、自分にばかりベクトルが向いていてそのせいでビジネスが前に進まない人をたくさん見てきました。起業を考えている方やこれから一層ビジネスを推し進めていこうとしている方には、特に受講していただきたいと思います。何があってもぶれないマインドが醸成され、よりビジネスが加速すると私は思います。

自分にとってZEROに関わるメリットは何でしょう?

学生のときと最近と、時間を隔てて関わって思うのは、自分のフィードバックになるのはもとより、他人のことがとにかくよくわかるようになったことと、自分自身がオープンハートの状態を保っていけることですね。ZEROの場にいると、どんなケースでも人間関係のベースは同じであり、また、問題の根本はいつも同じだと再確認できます。例えば、片付けの仕事のとき、クライアントさんの問題がどこにあるのかなと考えた時に、私はすぐにわかります。ZEROを知らない人だと気づけないような本質的な問題にも直感的にアクセスでき、そこに対してアドバイスができることはとても有利です。

ZEROに関わる前と後での変化はどんなことがありますか?

常にクリアでいられることと、時代が変わっても人間の本質は同じなんだなということが常に確認できるので、自分の仕事の方向性にもぶれが生じなくなったことです。

これからZEROを受講しようとする人にメッセージをお願いします。

ZEROは体感型なので、人生でいつか体験できることはあるかもしれませんが、凝縮した2日間で、しかも早く濃密に体験できて、早く気づくことができることが素晴らしい点ですから、迷うならぜひ行動を起こしてみてください。

ページ上部へ戻る