ブログ 岡本浩和の「人間力」発見日記

本当に心の優しい人たちばかり

智慧の眼を真に活用できれば、
物事の本質を見極め、先を見通すことができるといいます。
ただし、本質を見極め、先を見通せるだけでは片手落ちで、
そこに慈しみの眼を併せ持つことが大事だそうです。
それは、どんな人も事も物も四の五の言わず、
大らかに優しく包み込むことができる力だそうですよ。

我(が)の強い僕たち人間というもの、すべてを優しく包み込み、
許すのはとても難しいですよね。

心の器を磨くのは、
どんなことも受け入れ、許せる心を培うためなのでしょう。

あらためて人の本質は慈しみなんだと思います。
僕の周囲の仲間たちを見ていても、本当に心の優しい人たちばかり。
もちろん誰一人として達観しているわけではないですよ。
問題もあれば、欠点だってあります。
ただし、そのことを自覚し、
いつも謙虚に学ばせていただくという姿勢を皆忘れない。
人生は切磋琢磨。
だからこそ環境がいかに大切か。
僕は良い仲間に恵まれて幸せだとつくづく思います。
すべてに感謝。
ありがとうございます。
※とうもろこしご飯と麻婆豆腐いただきました。


人気ブログランキング

関連記事

カレンダー

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

月別アーカイブ

訪問者数(カウント開始日2022年1月23日)

  • 0
  • 13
  • 5
  • 131
  • 50
  • 31,177
  • 107
ページ上部へ戻る