ブログ 岡本浩和の「人間力」発見日記

本性に正直になることが大切ですね

仕事柄、人前で話すことが多い僕ですが、
時折自己嫌悪に陥ることがあります。
それは、妙に話し過ぎたとき。
そういうときは、必ず自分の背面に意図があったりします。
どういう意図かというと、
相手をねじ伏せようとか、説得しようとか、気づかせようとか、
そんなエゴが発動している。
そうなると関係に齟齬が生まれます。
ひいては信頼関係を傷つける結果にもなりかねない。
気をつけなきゃなと反省しきり。
やっぱり「聴くこと」を前提に、人との関係を築くことが
大切だと思うわけです。

そういえば、僕は子どもの頃から引っ込み思案でした。
そういう人間がまさか人前で話をするような仕事に就くとは
思いも寄らなかったのですが、
逆に、そういう性質だからこそ、そういう職業を
あえて与えられたのかもしれないなと思います。
結局、聴く自分が真だとするなら、話す自分は仮なんですよね。
やっぱり本性に正直になることが大切だなと痛感するのです。

僕たちが生まれて来たのは自分自身を修めるため。
それは何より心の器を大きくすることに他なりません。
心の器とは、許容範囲を広げることです。
それならば、「許す心」をいかに育てるか。
謙虚に聴き、謙虚に物申す姿勢を忘れないようにしようと思います。

静かな日曜日。
ありがとうございます。


人気ブログランキング

関連記事

カレンダー

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る