ブログ 岡本浩和の「人間力」発見日記

「気」に対して「理」で対応すること

昨夜は久しぶりに外食しました。
パンコントマテ代々木店
こちらはベジタリアン対応していただけるので、助かっております。
ちなみに、自粛期間が明けたとはいえ、
客足が戻ってきたとは言い難く、まだまだ閑散としておりました。
コロナ前とは間違いなく様相は変化しており、
在り方、生き方がそれぞれに問われる新しい時代に
ついに入ったのだと実感します。

昨日は新たな気づきをいただきました。
悩んでいる人に対しては、
一般的には、ただ傾聴し、
(それに応じた答を出せる、出せないは別にして)
同調することが求められます。
心に対して心で対応する、すなわち
「気」に対して「気」で対応するということです。
しかし、気が落ちている人に対して
気で対応したところで、ますます気が落ちるだけで
対症療法に過ぎず、役には立ちません。

そのとき、一見悩みとはまったく無関係であっても
真理の視点で、深く話をすることができれば
自ずと場の気が上がるということでした。
「気」に対して「理」で対応するということです。
とても納得しました。

僕自身の生き方、在り方にも大いなるヒントになりました。
もちろん仕事にも活かすことができます。
ありがとうございます。

日々精進。曇天ですが、爽快な気持ちでありましょう。

※以下、ランキングバナーの1クリックにご協力ください。

人気ブログランキング

関連記事

ページ上部へ戻る