ブログ 岡本浩和の「人間力」発見日記

料理は究極の貢献ベクトルを学ぶ方法です

独り暮らしが長かったお蔭で、
僕はしばしば料理をします。
特にオリエンタル・ベジタリアンになった昨今は、
外食はままならないので、
料理をする回数が一層増えました。

料理とは、文字通り
「理を料る(はかる)」ことですが、
それこそセンスを問われ、
無心に向かうことを要求される、
究極の貢献ベクトルを学ぶ方法だと僕は思います。

料理をふるまう方に
美味しいものを提供したいという思いはもちろんですが、
今そこにある材料を、
それこそ神様への供物の御下がりを、
いただくという思いで、
いかに美味しくまとめ上げるかが問われます。
まさに整理(理を整える)のセンスが必要となるのです。

明日の自宅での春分の特別セレモニーに向け
今朝は拭き掃除など大掃除をしました。
そして、明日お手伝いいただく方をお招きし、
これからランチをします。

ということで、究極のベジミートソースを作りました。
隠し味は自家製の醤(ひしお)。
手前味噌ですが、最高の出来。(笑)

料理は深いですよ。
特に「男子厨房に入らず」的な方にはお勧めです。
素敵な時間でありますよう。
ありがとうございます。

※以下、ランキングバナーの1クリックにご協力ください。

人気ブログランキング

関連記事

ページ上部へ戻る