ブログ 岡本浩和の「人間力」発見日記

起こることすべては課題、越えられない課題は設定されません

誰もが課題をもって生まれて来るのだと
いわれます。
たとえ順風満帆に見えていても、
心には様々葛藤を抱えているもの。
夫婦や親子、家族関係に
魂レベルで越えなければならない問題が課されることが
多いですね。

昨日、山王オーディアムで開催された
奈良ゆみさん主演の「葵の上~業のゆくえ~」を観てきました。
松平頼則さんの「源氏物語」を下敷きにしている音楽詩劇で、
人間のいわば我執が生み出す業の激性を「音と声」で
見事に表した壮絶な舞台でした。
ただし、全体の調和には欠ける印象がありましたけどね。

終演後はお世話になっている
クラシック音楽猛者の皆様と新年の宴。
さすがに皆様鑑賞の視点がシビア、かつ的を射ていました。

楽しい時間でした。
起こることすべては課題。
越えられない課題は設定されません。
今日も素敵な一日でありますよう。

※以下、ランキングバナーの1クリックにご協力ください。

人気ブログランキング

関連記事

ページ上部へ戻る