ブログ 岡本浩和の「人間力」発見日記

【介護生活3日目】大袈裟ですが、させていただく喜びとでもいいましょうか

僕の母は、長年の障害と
耳が少々遠いことが影響してか
日常のコミュニケーションは
一方通行になりがちです。

その上、きれい好き、
そして神仏事含め、
日々のルーチンに関するルールが
自分の中できちんとあるようで、
しかも頑固なので、
こうして欲しいということがあれば
そうしないと気が済まない質です。

身体が動かないため
命令をする相手の動きを
逐一見ていることができないので
自分の思いつきからあちこち命令が飛び、
そうなると
動く方がそれを消化するのに右往左往することになります。

ちなみに、ここ数日の介助・介護で
命令を要領よく消化する術が
ようやくつかめてきました。(笑)

まずは、どこに何があるのかを把握すること。
(整理整頓もきちんとされているので、その把握はとても容易です)
そして、優先順位を即座に判断し、
一つ一つてきぱきとこなすこと。
(ここではタイムマネジメントが大事になります)

今日までたった3日間の解除・介護生活ですが、
多くの学びがあります。
大袈裟ですが、「させていただく喜び」とでもいいましょうか。
今日も素敵な一日でありますよう。
ありがとうございます。

関連記事

ページ上部へ戻る