ブログ 岡本浩和の「人間力」発見日記

行く手を阻むものは、大抵思い込みや常識ということになります

思考や感情に左右されない状態というのが
どういう状態なのかがわかれば、
意外なほど楽に物事はスムーズに進むようになります。

ということは、
行く手を阻むものは、大抵思い込みや常識ということになります。
時と場所が変われば、つまり視点が変われば
常識は非常識になりますからね。
困難なことなど実はひとつもなく、
「難しい」と思い込んでいる自分の思考に問題があるのです。

昨日は、某大学の1年生による
某社様に向けての課題解決プレゼンテーションでした。
1次提案に比較して、尖がった部分が削がれ、
陳腐に成り下がっている印象を受けました。
うまくやろうとして、小さくなってしまった様子。
人間というもの、どうしても「常識」に囚われてしまいます。
殻を破りましょう。
鎧を脱ぎましょう。

ところで、第89期ZEROは、6月8日(土)&16日(日)開催です。
名古屋でも 久しぶりに6月29日(土)&30日(日)に開催します。
エントリーお待ちします。

そろそろ梅雨入りですかね。
今日も暑い一日になりそうです。
良い一日でありますよう。

関連記事

ページ上部へ戻る