性善説

  1. 人を疑うのでなく、自分の思考や感覚を疑うこと

    あらゆる物、事、人から学べと教わりました。身の周りのすべての事象には、自分が成長するためのヒントが落ちていてそれらは一切の無駄なく、成長の糧となるべくそこにあり、優劣、好き嫌いで判断しないことというのです。

    続きを読む
  2. 人の今を見て、可能性を追究することがすべてです

    昨夜は、月に1度の道友会でした。早10回目。昨日も23時半頃まで、熱い語りが繰り広げられました。毎々遅くまでおつきあいいただける道の諸先輩方には感謝の思いでいっぱいです。いつもありがとうございます。

    続きを読む
  3. 縁のあることは何事も怖れずチャレンジすることが大事ですね

    自分の視点だけで物事を見ると、 誤解が生まれます。 誤解を解く方法は、腹を割って話し合うことしかありません。 シンプルです。腹を割って話し合うときに重要なことは 相手を疑わないこと。 その意味で、僕のスタンスは、基本いつも性善説。

    続きを読む
  4. 感覚を磨きましょう

    性善説という立場にあり続けることが 大事だとあらためて思いました。「なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか」という 書籍には、 ほとんどのビジネスパーソンが 「自分の弱さを隠す仕事」に多大な労力を費やしているとあります。

    続きを読む
ページ上部へ戻る