ブログ 岡本浩和の「人間力」発見日記

道の奇蹟、すべては按配の中

習慣というものは癖と同じで、
その癖に気づいて、自ら修正をかけようと努力するなら
いくらでも改善可能です。
しかし、気づかず、まして修正しようとする意志を持たなければ何も変わりません。

というのは一般論。
仮我をどうのこうのというのは、いわば対症療法で、
真我にリーチして、本性に磨きをかけるのなら、抜本的な解決の道が開かれます。
いや、磨きをかける必要もない。トレーニングは必要ないということです。
(このあたりが「道」の奇蹟なのです)

誰しも「仮もの」に翻弄されがち。
例えば死は肉体が亡びるだけで霊性は生きています。
生きている霊性を感じ、常にそこにアクセスできるなら、
すべてがひとつであり、いつもつながっていられるわけなので、
性格や性質に引っ張られることはまずありません。
(つまり廻光返照ということ)

その上で心がけるべきは感情や思考に翻弄されない心の平穏。
つまり、身も心も整理整頓を意識するということです。
そうすれば、人生において、日常において「面倒くさい」と思うことは一切なくなります。
「面倒くさい」ことがなくなれば、人は他人のために自ずと動けるわけで、
それこそ生まれてきた意味と意義に自ずとつながるのです。
努力は不要。(縁に随うだけ)
何はともあれ開き、そして日常で茲(ここ)を意識しましょう。
いつもありがとうございます。
※先日、中津川でいただいたチョコパフェ。


人気ブログランキング

関連記事

カレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別アーカイブ

訪問者数(カウント開始日2022年1月23日)

  • 0
  • 3
  • 2
  • 92
  • 19
  • 111,867
  • 51
  • 1,844
ページ上部へ戻る