ブログ 岡本浩和の「人間力」発見日記

すべては所詮茶番、されど茶番

ベートーヴェンの辞世の言葉は、
嘘か真か、
「諸君、喝采を、喜劇は終わった」
だといわれています。
なるほど、楽聖と呼ばれる天才の最後の言葉に
相応しいものだと僕は思います。

この世界はどこまでいっても現実ですが、
ほとんどが人工的な茶番だと言っても言い過ぎではありません。
しかし、茶番だと言っていい加減にしてはいけません。
茶番の中で生き、茶番の中で自らを明らかにしていくこと、
そして他人のお役に立つことが
各々の生まれて来た価値なのだと思うのです。

他人からすると大したことでなくても
本人にとっては一大事。
多くの人は実は大したことのないことで悩んでいます。

悩みの原因は我に入ることにあります。
所詮茶番、されど茶番。
世界がその絶妙なバランスの中にあることに気づき、
一所懸命生きることで目の前は開けます。
つまり、悩むことなど一つもないということがわかるのです。
皆で楽しみましょう。

今朝は冬景色の岐阜県中津川市から発信しています。
後輩たちと恒例の山籠もり。
素晴らしい2日間でありますよう。
ありがとうございます。


人気ブログランキング

関連記事

カレンダー

2022年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別アーカイブ

訪問者数(カウント開始日2022年1月23日)

  • 0
  • 54
  • 21
  • 54
  • 29
  • 101,935
  • 213
  • 1,700
ページ上部へ戻る