ブログ 岡本浩和の「人間力」発見日記

【介護生活12日目】日常の何気ないルーチンでも 一つ一つがかけがえのないエネルギーの源泉なのです

夏休みの介助介護生活も今日で13日目、
最終日となります。
一旦東京に戻りますが、
今日からが本当の「始まり」になります。

ところで、僕が先日帰省して間もなくのとき、
母は右足の小指を少々怪我しました。
負ぶったときに小指の怪我が痛いので、床に当たらないよう
気をつけてくれと言われておりました。
その傷も、いわゆる絆創膏の処置だけで治りつつあります。
人間の自然治癒力は素晴らしいですね。

また、入院の要因となった父の足の傷も
昨日、病院の検査でほぼ完治の診断を得て、
入浴も飲酒も大丈夫とのアドバイスをいただきました。

夜、1ヶ月半ぶりにお風呂にゆっくり浸かった父は
「気持ち良いわー」と連呼していました。
お蔭で一層元気を取り戻したように僕には見えました。
人間の回復力というのは本当に素晴らしいですね。

日常の何気ないルーチンでも
一つ一つがかけがえのないエネルギーの源泉なのだと
あらためて思います。無駄は一つもなし。

今日、夕方までひとがんばり。
素敵な一日でありますよう。
ありがとうございます。

関連記事

ページ上部へ戻る