ブログ 岡本浩和の「人間力」発見日記

素直とは、自分の内側を静かに真直ぐ見る余裕があるということ

昨日、白山の某大学で
第2回目のプレゼンテーション講座に登壇しました。
この講座は極少人数なので、丁寧に、緻密に対峙しておりますが、
最後に、
間もなく留学のための面接を控えているという
3年生の男子が質問をしてきたので、
いろいろとやり取りをしました。

ちなみに、留学の目的は、世界平和だそう。(笑)
真面目に、です。
そう来たか! 
天晴れ!
最近は、僕の周りにはそういう人ばかり。
良心全開です。(笑)

さて、僕もかつては散々経験しておりますが、
物事に対して斜めに構える癖のある人は、
中に不安や恐れを必要以上に抱えています。
それは、まったくの幻想で、
自分で自分の首を絞めてしまっている。

もっと楽に、もっと自然に、力を抜いて
生きれば良いのにといつも思います。

彼らが、何より気づかなければならないのは、
外に原因があるのではなく、
原因を自分が創り出しているということ。
しかし、そういう人に限って外ばかり見ていますからね。

素直になるというのは
自分の内側を静かに真直ぐ見る余裕があるということでしょう。

今日も素敵な一日でありますよう。
ありがとうございます。

※以下、ランキングバナーの1クリックにご協力ください。

人気ブログランキング

関連記事

ページ上部へ戻る