ブログ 岡本浩和の「人間力」発見日記

【介護生活6日目】心を中庸に、敬い、そして静かに

おはようございます。
実家生活も1週間になって思うのは、
日常の凡事の多くが、
思考や感情にまみれるもので、
大きな視点で見ると
はっきりどうでもいいことばかりで、
そういうことに
人間は翻弄されがち
なんだということです。

例えば、母は何事にもこだわりが強く、
その思いもわからないでもないですが、
ほとんど固執と言っても良いようなことばかりで
父母のやり取りを聞いているだけで
心が揺れ、ほとほと疲れてしまいます。(笑)
父の忍耐強さに(時々キレていますが)、
感心と同時に
尊敬すら覚えるわけです。

逃避したくなる瞬間も時にありますが、
とはいえ、父母なくして僕の存在なく、
父母が喜ぶことだけを考えて
心を中庸に置き、つまり思考・感情を切り離して
敬い、ただ静かに(ただし要領よく)手足に徹することだと
あらためて思うわけです。

勉強になります。
いつもありがとうございます。
台風10号の影響で朝から雨風立っておりますが、
今日も健やかな一日でありますよう。

関連記事

ページ上部へ戻る