隨縁

  1. 縁に随い、前に進んでいくこと

    若者から相談がありました。仕事でやりたいことが明確にできてないのですが、やりたいことってどうやって見つければいいか、考え方などありましたら教えていただきたいのですが。

    続きを読む
  2. 「さり気なさ」が大事

    弘法も筆の誤りというように人はどこまでいっても不完全ですから、人に集まるのではなく、(人を見ないこと)志そのもの、本質、真髄に集まることが大切だと思います。側に惑わされず、真髄を見極める感性を養うのに、やっぱり思考は邪魔になります。

    続きを読む
  3. 何はともあれ決めたことを実行することの大切さ

    昨日は第5回目のオンライン道楽会でした。「道楽会」は、文字通り「道」を学び、語り、「道を楽しむ」会ですが、昨日もかなり熱く、盛り上がりました。本当に充実した2時間。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。今日も、とても有意義な時間でした。

    続きを読む
  4. 縁に随うことの大切さ

    昨夜、遅くに東京に戻りました。わずか2日間の滞在でしたが、とても楽しい時間でした。両親の元気な姿はやっぱり励みになりますね。父が口癖のように言う「飯はうまいし、酒もうまいし、まだまだ死なんなぁ」(笑)の通り、まだまだ長生きしてもらいたいと思います。

    続きを読む
  5. 「縁」を大切に

    「隨縁」という言葉があります。 ただあるがままの縁に随うということですが、 我に固執すると縁というものを見過ごしてしまいます。 否、縁に限らず、我こそが判断を誤る大きな要因なんだと あらためて思うのです。来るものは拒まず、 去るものは追わず。

    続きを読む
  6. 「好生の徳」という言葉を教わりました

    僕たち一人一人には、 自然治癒力というものが備わっています。 それならば、間違った、余計な対処さえなければ、 物事は自ずと快方に向かいます。「好生の徳」という言葉を教わりました。 すべて生かすことを好む、 すなわち、何が起ころうと本性から楽しむことが 大切だということです。

    続きを読む

カレンダー

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別アーカイブ

アクセス・カウンター

  • 45,668 アクセス
ページ上部へ戻る