無心

  1. 他人の言葉にいちいち引っかからない生き方

    子どもの頃、僕はとても面倒くさがり屋でした。というか、若い頃も同様。その頃のことを振り返ってみると、常に損得を考えていたように思います。

    続きを読む
  2. 無心であること

    基礎体力が大切だとつくづく思います。 不摂生、不養生はもちろんNG、 食生活も正しく、睡眠も十分に、 自然と調和した生き方こそが大事なのだと あらためて気づかされる思いです。ここのところ毎日ヨガに勤しんでおりますが、 僕は体幹及び足腰が弱いことを思い知らされております。

    続きを読む
  3. 何も考えないこと

    何も考えないこと。 何も考えなければ好きも嫌いもありません。 良いも悪いもない。 それがなければ争い事も起こり得ない。企てや目論見は不要だなと思います。 それが、皆に幸せをもたらす理に適ったものならば、 動いて、あとは信じ、流れに任すことで、 万事うまくまわるもの。

    続きを読む
  4. 他人に何かをするときは無心ですることですね

    ともすると僕たちは 他人に要らぬ期待をしてしまいます。 感謝の言葉がないと 感情を害したり、 良いと思うことを教えてあげて反応が悪いと 嫌な気分になったり、 余計な思念が動いてしまいます。他人に何かをするときは無心ですることですね。 自分やりたいからやる。ただそれだけ。

    続きを読む
  5. 子どもの何気ない言葉やよく分からない行動にこそよく生きるヒントが詰まっているようです

    今は本当に純粋な、宇宙からのメッセージを 当然のようにキャッチし、 それを埃にまみれた大人に教えてくれる子どもたちが増えています。 子どもの何気ない言葉や よく分からない行動にこそヒントが詰まっているようで、 そういうシグナルを見落とさないことが賢明です。

    続きを読む
  6. 世の中何がどのように功を奏するかわかりません

    首都圏を直撃した台風15号の猛威は大変なものだったようですね。 ちょうど僕は当日広島市で研修のため不在でした。 ただ、その日のうちに東京に戻ることができず、 新大阪からは超満員のこだまに乗って、苦労の末 何とか名古屋まで到達することができたのでした。

    続きを読む
ページ上部へ戻る