感覚を磨く

  1. 井の中の蛙大海を知らず、感覚を磨きましょう

    情報も知識も外から取り込むもので、 それで知ったつもりになるのは愚の骨頂。 というより、たぶん、死ぬまでずっと勉強で、 いつまで経っても「知ることができない」「わからない」というのが この世に生きていることの証なのではないかと思います。 だからこそ、いつも動いて体験しないといけない。

    続きを読む
  2. 感覚を磨きましょう

    性善説という立場にあり続けることが 大事だとあらためて思いました。「なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか」という 書籍には、 ほとんどのビジネスパーソンが 「自分の弱さを隠す仕事」に多大な労力を費やしているとあります。

    続きを読む
ページ上部へ戻る