動機

  1. その先にある志と、心底にある動機が大事

    何をしたかということより、どういう動機で、どういう志でそれを行ったかが大切です。ベートーヴェンは、1802年10月6日に認めた、いわゆる「ハイリゲンシュタットの遺書」の中で、弟たちに次のように書き残しています。

    続きを読む
ページ上部へ戻る